寝たままの洗髪介助手順とポイント


寝たままの洗髪介助手順とポイント
洗髪は、頭皮・毛髪を清潔に保ち、心を晴れやかにします。

洗髪をしないままですと、痒みや頭皮のただれ、臭いの原因になります。また、不快感で気持ちが沈んでしまいます。

自ら洗髪を行えない被介護者の場合、介護者が手助けをしてあげなければなりません。

中には、浴室まで移動できない被介護者もいます。
その場合、寝たままの状態で洗髪を行う様になります。

スポンサードリンク



準備するものは
・洗面容器(もしくはバケツ)
・フェイスタオル数枚
・シャンプーとリンス
・ブラシ
・お湯(38~40℃程度)の入ったピッチャー(大きめのペットボトル)
・ドライヤー
・バスタオル
・ケリーパッド

などです。

洗髪を行う場合、周囲の片付けを行いましょう。
特に、寝具を濡らさない様に工夫しましょう。


寝たままの洗髪介助の前に

1.洗髪をする事を被介護者に伝えます。
2.洗髪にかかる時間を伝え、排泄の有無を確認し、済ませてもらいましょう。
3.室温は22~24度に設定し、洗髪を行う場所の周囲を片付け、安全に行える環境を整えます。
注:物を動かす場合は、被介護者に動かすことを伝えます。(終了時、元通りに戻す)


寝たままの洗髪の手順

注:何をするかの声掛けを随時行います。
寝たままの洗髪の手順

1.被介護者の体勢を整えます。
※ベッドの場合は、フラットの状態で枕を外し、ベッドに対して斜めにし、頭が出ている体勢にします。
※布団の場合は、頭の下になっている部分の敷布団を2つ折りにし、頭を持ち上げた体勢にします。
2.上半身の下にビニールシートを敷き、その上にバスタオルを敷きます。
3.襟元にフェイスタオルを巻き、被介護者の胸元にタオルをおきます。
4.ケリーパッドを首の下に置き、被介護者の頭を固定します。
※お湯が流れやすい様に、丸めたタオルを首の下に置くなどして、斜面をつくります。
※ケリーバッドからお湯が流れてきますので、洗面容器を置きます。
5.髪の毛を優しくとかし、ゆっくりお湯をかけながら十分に濡らします。
※被介護者にお湯の温度を確認しながら行います。
6.シャンプーを使い優しく頭皮を洗います。
※指の腹の部分で、マッサージをしながら行います。
※痒いと言われても、力を入れすぎないで下さい。
7.シャンプーの泡をフェイスタオルで1度拭き取ります。
※洗い流す時のお湯の量を減らすためです。
8.泡を流し、リンスをし十分に洗い流し終えたら、フェイスタオルで良く拭きます。
※人によってはリンスは不要です。
※拭く時は、地肌を重点的に拭きましょう。
9.流し終えたら、ケリーパッドの水気を拭き取り、ドライヤーで髪を乾かします。
※地肌から乾かしていきます。
※熱風が耳や顔にかからない様に注意しましょう。

お湯の使えない被介護者の場合は、アルコールを薄めたものを、タオルやガーゼに含ませて、頭皮や髪の毛を拭いてあげます。

その後、蒸しタオルで良く拭きます。

また、薬局などで売られているドライシャンプーを使用する方法もあります。

頭を熱めの蒸しタオルで蒸し、ドライシャンプーで頭皮をマッサージします。熱めの蒸しタオルで良く拭き取ったあと、乾いたタオルで良く拭き、ドライヤーで乾かします。

介護者(ヘルパー)は、被介護者の状態に合わせた洗髪方法を選ぶことも大切です。普段の状態を良く観察し、頭皮に異常がある場合や、安静にしていなければならない状態の時は、お湯を使っての洗髪を控えましょう。

洗髪介助の注意点・観察事項を以下に挙げておきます。

・洗髪介助が終了したら、水分を摂取してもらいます。
・室内の温度に気を付けます。(被介護者には、タオルケットなどをかけてあげましょう)
・お湯の温度は人それぞれ違いますので、被介護者の好みに合わせます。
・シャンプーやリンスは被介護者の頭皮の状態に合ったものを使用します。
・頭皮を洗う時は、むやみに力を入れてはいけません。
・髪の毛は必ず乾かして下さい。(地肌から乾かすと、身体の冷えを防止できます)
・必ず、頭皮の状態や体調を洗髪時と終了後に観察をして下さい。

洗髪は、被介護者の頭皮の清潔を保つ以外にも、心のケアにも繋がります。週に1回程度行うことが理想です。




※在宅介護の場合、家にあるものでケリーパッドの代用品を作ることもできます。
使い捨てケリーバッドの作り方を紹介します。

ケリーパッドの作り方

バスタオル・ビニールシート・洗濯バサミでケリーパッドを作る

1.ビニールシートを敷き、その上でバスタオルを対角線上に二つ折にします。
2.対角線上に二つ折にしたバスタオルを筒状に3分の2程度まで丸めていきます。
※3分の2程度丸めると、残りの部分が出来ます。
3.丸めたバスタオルの部分をビニールシートの角に置き、ビニールシートと一緒に残りの部分を丸めていきます。
※ビニールシートの半分程度まで丸めて下さい。
4.丸めた物をひっくり返し、両端を洗濯バサミなどで固定したら出来上がりです。

バスタオル・大き目のゴミ袋・ストッキング・洗濯バサミでケリーパッドを作る

1.バスタオルを長い棒状に丸めていきます。
2.丸めたバスタオルをストッキングに入れ1本にした状態で口を縛るか、もしくは輪ゴムで止めます。
3.U字に折り曲げた状態で、大き目のゴミ袋にいれます。
4.両端を洗濯バサミなどで固定したら出来上がりです。
スポンサードリンク

このページの先頭へ